テープライターになってみよう

あなたは、ライターの仕事に興味はありませんか。
ライターって文章書くから難しそうと思っていませんか。
実はライターと言ってもいろいろあるのです。
テーマに沿った内容を執筆するライダーもあれば、テープに記録されたものを起こすだけのテープライダーもあるのです。
文章が苦手という人でも、テープライダーならばいけるのではないでしょうか。

テープライターとは

会議や講演、インタビューなどの場では録音が頻繁に行われています。
そこから議事録や記録を起こすことが多いのですが、これも結構手間がかかります。
そこで、テープライターと呼ばれる副業が登場です。
この副業では、録音されたテープの内容を指示された様式に、書き起こしていくものです。

作業の流れ

まずはテープの受け取りです。
音声や動画が入っているCDやMDを郵送で受け取ったり、ネットを使って受けとります。
受け取った後は、いよいよ作業です。
なお、作業するときにはその指示に気をつけてください。
単純にテープの内容をそのまま文章に起こすやり方と、ある程度内容をまとめてから起こすやり方があります。
まとめるものになると、字数制限や表現の制限、さらにまとめる要点など気をつけなければならないことがいろいろ出てきます。
その分、まとめる方が報酬が高くなりやすいようです。

報酬はどのくらいか

報酬は、一概にいくらとは決まってないこともあります。
テープの内容量や作業内容により変わってきます。
それでも数千円~二万くらいだという経験談をよくネットで目にします。

テープライターの資格もある

テープライターの通信口座という、とのもあり、それを終了すると技術認定の資格が貰えたりもします。
それがあれば、運営サイトや会社にアピールすることも出来ます。
そうすれば、作業依頼も増えるかもしれません。

最後に

テープライターは、これからも需要が増えるとの見込みが聞かれます。
慣れていけば、他の副業よりも短時間で稼げるかもしれませんので、ぜひ検討してみてください。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP